人の目に触れてこそ、ダイヤモンドは輝ける

愛の象徴

ダイヤモンドは女性にとって憧れの宝石ですが、本物のダイヤモンドは価値も高くカラットも多ければ多いほどお値段も上がります。

石より硬いダイヤモンドは、その強さから壊れることのない永遠の愛の象徴として古くから多くの恋人たちに愛されています。

輝きも美しい宝石の一つです。

 

本物の宝石、ダイヤモンド

私にはダイヤモンドは手が届きにくい宝石の一つです。

そんな私は、ダイヤモンドと似た輝きを放つジルコニアを用いたアクセサリーを愛用しています。
お値段も安くて、様々な色とデザインがあるのも魅力です。

でも正直、やはり本物の宝石の輝きには勝てないと思っています。
しかし、どんな宝石であっても人の手によって、輝くことが出来るということに違いはありません。

ダイヤモンドであっても磨かなければただの石です。
ただの石を欲しがる人はそれほどいません。

 

カッティング技術が重要

カット数が多ければ多いほど、ダイヤモンドは光り輝くと言います。

ダイヤモンドを買うならどのようなカッティングを施されているかが大切です。
デザインも大切ですが、デザインをより際立たせてくれるのがカッティング技術なのです。

またどれだけ大粒で価値があったとしてもただ持っているだけではせっかくのダイヤも輝けません!
輝けるものとは、人の目に触れるからこそ輝けるものなのです。

 

パーティではさり気ないダイヤがオススメ

ですので、パーティーなどには是非、宝石を身につけましょう。
人が羨むほどの大粒のダイヤを身につけると嫉妬されることがありますから、さりげなく光り輝くダイヤが良いですね。

ピアスやアンクレットなどがお勧めです

ハートのペンダントトップ

 

ダイヤ以外ならどの宝石を選びますか?

私が欲しい宝石はやはりダイヤモンドなのですが、ダイヤ以外ならルビーです。
ブランドはどこのブランドでも構いません。

なぜルビーが良いのかと言うと私はうさぎを飼っているのですが、うさぎの目の色がちょうどルビーの色と同じなのです。

ネザーランドドワーフルビーアイドホワイトと言う種類のうさぎです。
その名の通り、目が宝石のような美しいルビーの色をしているのです。

うさぎの目は顔よりも大きい方なので、本当に大粒のルビーの宝石のようです。
毎日見ていますが、本当に美しいです。

 

本当に価値のある人に宝石はやってくる

ダイヤモンドやルビーなどの宝石とは大変価値のあるものですが、身につける人が価値のない人だと意味がありません。

本当に価値のある人に宝石とはやってくるものです。

この人なら自分の価値を知り、大切にしてくれる、そんな心の美しい人のところへ宝石はやってくるのです。

宝石を手にしたければ自分自身が宝石になることです。
光輝けるものは光り輝くものを知ります。

ですので、真の価値ある人間を目指して、いつか光り輝く宝石をGetしましょう!